対馬振興法(仮称)
青山繁晴代表幹事など、自民党の保守系有志議員による
「日本の尊厳と国益を護る会(通称:護る会)」が、長崎県
対馬市を視察した上で、政府への『緊急要望』をとりまとめ
対馬振興法(仮称)の制定を求めました。

https://www.sankei.com/politics/news/190918/plt1909180025-n1.html

対馬は朝鮮半島に近く地理的に重要な島です。
その対馬に韓国人が押し寄せ自衛隊基地のまわりも
韓国資本に買い占められるありさま。

それが例の韓国の日本不買で対馬への韓国人
観光客が急激に減り経済的に打撃を受けているとか。

でも考えようによってはこれはチャンスです。
対馬にも韓国人観光客の振舞いに反感を覚える人もいる。

韓国は対馬は韓国の領土なんて言ってますからね。
竹島が多数の死傷者を出して韓国に取られたように
何かあれば真っ先に狙われるのは対馬です。

政府はなんらかの対策を取るべきですね。

対馬振興強化に関する緊急要望

日本の尊厳と国益を護る会

去る16日、私たちは長崎県の対馬の現状を視察しました。対馬はわが国にとって古来より大陸や朝鮮半島との交易の窓口として、またわが国防衛の要として大きな役割を担ってきました。

しかし止まらぬ加速化や高齢化の中で、対馬に韓国の資本と人が入り込み、漁場が荒らされたり、自衛隊基地の周辺など安全保障上重要な土地も韓国資本に買収されているなど、わが国にとって極めて重要な要衝の地の将来が危ぶまれる状況になっています。

また中国も韓国にとって変わろうとする意思がうかがえます。

そして昨今の揺らぐ朝鮮半島情勢を鑑みると、今後対馬のわが国の安全保障上の重要性はかつてなく高まるものと予想されます。そこで護る会は、対馬をわが国にとって戦略上の重要拠点と位置づけた上、下記の対策を早急に講じ、対馬振興に力強い新たな一歩を踏み出すよう、速やかな実施を要望します。



1.「対馬振興法(仮称)」を制定し、国境の要衝としての対馬の位置づけを明確にするとともに国土の保全を図り、島民の目線に立った総合的な対馬振興計画を策定し、これらを両輪で実施すること。

2.国民が対馬の歴史と文化に一層容易に触れられるよう、現在有人国境離島法の対象とはなっていない対馬への旅行者の航空運賃等の引き下げを、大胆に躊躇なく実施すること。

3.対馬への修学旅行等を増やすための助成を行うこと。

4.海上自衛隊防備隊周辺の土地を国有化するとともに、朝鮮半島有事を想定し港湾の整備を行うこと。

5.国境防衛の要となってきた対馬の歴史も含め、福岡に元寇に関する公的な歴史館を設置すること。
posted by はなまる at 17:03 | 日記