日本の尊厳と国益を護る会の皇位継承の安定への提言
自民党の保守系有志議員のグループ「日本の尊厳と国益を護る会」の
皇位継承の安定への提言ですが妥当な案だと思います。

「旧宮家の男子について、了承いただける方には皇籍に復帰いただけるよう、また現皇族の養子か女性皇族の婿養子となられることがあり得るよう、皇室典範の改正または特例法の制定を行う」

NHKなど左翼系マスコミはしきりに女性天皇を宣伝しています。
アンケートによると75%ほどが女性・女系天皇に賛成だとか。
でも女系天皇については半数以上の人が分からないと答えてます。

肝心な事が分かってない人に聞いたアンケートに
なんの意味がありますか。
結局世間を惑わす印象操作でしかない。

皇室は日本の歴史と伝統を体現しています。
その伝統は大切にするもんですよ。
現代の価値観で変えてはダメ。
壊したら元へは戻らない。

女性・女系天皇を宣伝する左翼の目的は皇室の破壊
日本の崩壊です。
posted by はなまる at 18:00 | 日記