中村哲医師は何故アフガンに ?
中村哲医師は立派な方だったんでしょう。
縁もゆかりもないアフガンで医師としてだけでなく
用水路を作り荒れ地を緑の農地に変えて・・・

御子息が若くして亡くなった時も帰国さえせず
現地の為に働いていたとか・・・
私のようにちっぽけで自己中で平凡な人間には理解できません。

中村氏はいわゆるリベラル左翼ですね。
でも国内の左翼と違い命を懸けて危険な他国で他人の為に
働いたのは立派で尊敬すべき人だと思いますが・・・


私は正直言って命を懸けるなら祖国の為にかける
例えば自衛隊員とか海保の人とかを尊敬します。

アフガンで凶弾に倒れた中村氏は立派な人だと
世界中から尊敬を集め悼まれるでしょう。
それに値する人だと思う。

でも・・・善意によって殺される事もある。
決して善意で相手を変えたり助けたりはできない。
アフガンはアフガニスタン人が何とかするしかない
日本は日本人が何とかするしかない
他人が善意で何をしようと他者を変える事は出来ません。

まして敵意を持つ相手には善意が通じると思わない事。
すぐお隣に敵意を持つ国があるのだからもっと警戒しないと
危険だと身に染みて感じましたね。

中村氏は憲法九条の支持者でもあったようです。
でも憲法九条は私たちを守りはしません。
それを身をもって教えてくれた中村氏に感謝。
posted by はなまる at 19:25 | 日記