地方選挙の投票率が低いと乗っ取られます
先日、私の実家がある市で首長選がありました。
投票率は30%代。幸い保守系の現職が勝利しました。

地方選挙の投票率が低い事は本当に心配です。
反日左翼やカルトの組織票で議員や首長が決ってしまう
まして外国人参政権など論外です。
地方から日本が乗っ取られてしまいます。

川崎などはもう乗っ取られていますよね。
あんな条例ができたのは投票率が低く自民党も与党ではあるが
少数派で公明や共産、民主系の議員が多数派です。
民主系は一見関係ない名称で選挙するから要注意。
民主党は外国人参政権を党是にしていました。

外国人参政権反対を明確にしているのは自民党だけです。
安倍内閣には不満もありアベノミクスも増税効果で
期待したほど経済は好調とはいえない。

ヘイト規制法も自民党は賛成した。
許せない裏切りだと思う。
それでも投票するのは自民党以外にはありません。

でもね、連戦連勝で自民党はおごっているんじゃない。
桜の会なぞ敵のプロパガンダに乗せられる国民もいるよ。
でも本当に怖いのは経済の失速です。

景気は悪くなってるんじゃない。
まあこれは安倍内閣のせいだけじゃなく内部保留だけ
貯めて給与を上げない経営者の責任もあるけどね。

不況で不満がたまるとちょっとしたことで民心は動くから
油断しないほうがいいですよ。



posted by はなまる at 16:48 | 日記