反日左翼のトリエンナーレ
あいちトリエンナーレの日本ヘイトはその後も続き
本命はひろしまトリエンナーレらしい。

今は「北海道・表現の自由と不自由展2019」
が開かれていますがヘイトを通り越して完全に
精神的にオカシイ内容になっているようです。

こうした日本ヘイト展を開いているのは多摩美と
反日左翼とNHK・朝日新聞などのマスゴミ。
その内容を聞くといよいよ反日左翼は狂的になっている。
と言う事はそれだけ追い詰められているのかしら。

「表現の自由」を盾に公金に集りながら日本をヘイトし
批判されれば相手をヘイトよばわり。
ホントに気味の悪い連中だわ。

日本をヘイトするならせめて自分の金でやればいいのに
日本人の税金を集ろうとするメンタルはお隣の国と同じ。

少なくともこんな催しに税金が使われてはならない。
政治的に偏ったイベントや催しには絶対補助金を
出してはならないと思います。

文科省は前川喜平氏がトップだった官庁だから
全く信用できない。反日左翼とずぶずぶでしょう。
文科省や政府にドンドン文句をつけなくちゃね。
一人がメールしても意味ないでしょうが
一万人がメールすれば無視できないでしょ。
出来るだけ多くの人が抗議メールを出すといいんだけど。
posted by はなまる at 21:56 | 日記