ダイアモンドプリンセスの乗客乗員は
武漢肺炎を引き起こしたウィルスは実は武漢病毒研究所から
漏れた生物兵器だった・・・という噂は依然からありました。
ホントかウソか走りませんが新型肺炎の一番目の感染者は
黄燕珍という女性で、漢病毒研究所の研究員だったという話があります。

『中国にあるすべてのウィルス実験室の管理を強化する』という
中国の科学技術部の通達が中国のニュースになっているのは
事実のようです。つまり今までは杜撰だったという事。

ウィルスが漏れたという事を1/2には人民解放軍にはわかっていた
そして武漢の富裕層はその情報を握り、香港に逃れ
香港人としてダイアモンドプリンセスに乗り国外に出た。
さらにそういう人たちが乗員として多く乗り込んだ。
だとしたら、感染率が高いのは当然ですね。
まあこれは確たる証拠のある話ではありませんが・・・

虎ノ門ニュース
石平:今、武漢では熱が出ても病院に行かない。もし風邪なのに病院に行ったら新型肺炎をうつされて死んでしまう。武漢では病院のことを『入ったら出ることは出来ない』という話になっている。

武漢の人達は自分が発熱したら二つの可能性があると思っている。一つは普通の風邪。もう一つは新型肺炎。もし新型肺炎だったら死ぬ。しかしただの風邪だったら生きる。生きる可能性は五分五分だから自宅にいる。武漢の人は熱が出たら家で運命を待つしかない。

しかしシナ政府がそれでは根絶できないからといって、一軒一軒の家に住む人が拒否しても強制的に入って全員の熱を測り、ちょっとでも熱があったら強制連行されて、そのまま帰ってこない。武漢市民はそういう恐怖の中で生きている。

習近平氏の訪日は基本的に予定通り行なうと日支の外相会談で
合意ですってよ、絶縦反対だわ。
posted by はなまる at 16:38 | 日記