沖縄慰霊の日
今日は沖縄慰霊の日。
安倍総理も沖縄の式典に出席しました。
翁長雄志知事は相変わらず、辺野古移転を認めないの一点張り。
慰霊の筈がまるで政治集会、亡くなった方も浮かばれません。

日本中のサヨクが沖縄に集中していますね。
勿論マスコミも沖縄の悲劇を大宣伝。
実は同じ悲劇は日本中いたるところにあったんだけど。
だから沖縄から基地を無くしたい !
平和 !平和 !平和 !

でも基地を無くしたら来るのは平和ではなく侵略でしょう。
そのときが沖縄が日本で無くなる時なんでしょうね。
どうか、その時日本に助けを求めないでね。

普天間基地の為に小学校が危険に晒されていると訴える人が
いたけど、だったら何故小学校を移転させないの ?
基地から離れたところに移転すれば済む話でしょう。
基地反対のために小学校をダシにしているだけですね。

辺野古反対を叫ぶ人達には二種類いると思います。
一つは普天間基地があることによって利益を得る人達。
一つは基地問題で日米関係にヒビを入れようとするする人達。

いずれにせよ日本にとっては日本の安全を脅かす人達。
そしてそういう反対派の意見ばかり取り上げるマスコミ。
全部含めて怒りを通り越して殺意が沸くわ。
沖縄の人達、目前の利益を選んで、ウィグルのようにならないでね。
posted by はなまる at 22:40 | 安倍内閣
日本政府は譲歩したのか ?
世界遺産登録で韓国の主張に配慮。
一部の施設で徴用工が働いていた事実を日本が自発的に説明し、
韓国も反対しない方向で調整することになった。


朝日新聞に書いてありましたが、これが事実なら後後
大変な火種になるでしょう。
こんな事を外務省が承知したなら許せませんね。

韓国の一部では日本に強制徴用を認めさせたと大喜びしてます。
もっとも日韓の外務省はそんな発表はしていないと言ってますが。
どうもね、朝日は全く信用できないが、外務省も信用できない。

軍艦島などで半島から来た人達が働いていた事は事実。
かなりの高給取りでしたけどね。
事実をそのまま書けばいいがそれでは韓国は納得しないでしょ。

また火病を起こして反日運動に走りますよ。
それはいいんだけど、またぞろ強制徴用なんぞという嘘を
ばら撒かれると思うとホントに嫌だわね。

こんな国とうわべだけでも仲良くしないといけないのは
一重にアメリカに対する気遣いです。
まだ従軍慰安婦に味方する議員もいるしね。
アメリカも信用できる人と出来ない人が要る。
出来るだけ日本の味方を増やすように努力 して欲しいですね。
posted by はなまる at 22:13 | 安倍内閣
世界遺産登録で日韓協力 ?
世界遺産登録で韓国主張に一定の配慮へ!
なんてニュースが出て、外務省に文句のメールを送ったんですが
突然、世界遺産登録で日韓協力 ですってよ。

何でもお互いが目指している登録を応援するんだって。
これ変な密約ってないでしょうね。
日本側の世界遺産の説明に強制労働がどうたらこうたら・・・
そんな出鱈目書いたら許しませんからね。

しかもお互いトップが出ない筈の日韓の記念レセプションに
安倍総理も朴大統領も出席ですって。
朴大統領は突然出席を決めたらしいですよ。
支持率が落ちて相当追い詰められているわね。
ここで心配なのが日本政府の軟化。

今までも韓国に下出に出られると、必ず援助したり韓国の要求を
聞き入れて、後で思いっきり裏切られるという展開でした。
韓国の大統領は必ず未来志向の関係を築きましょうとか云って
たっぷり日本から支援を受け取り、支持率が落ちると反日に転じました。

朴大統領の場合、最初から反日全開で行き詰まり、今になって
日本に擦り寄ってきている。ここで甘い顔を見せたらダメですよ !
また同じ事の繰り返しになる。

最も安倍総理は外交では強かです。
世界遺産登録で日韓協力なんて思いもよらなかったけど
韓国の顔を一応は立て、韓国側の強制連行の言いがかりを
突っぱねて登録に持ち込めばまあ結構な手腕だと思いますが
さてどうなりますか。

私としては韓国とは関係改善なんてしてもらいたくない。
必要最低限の付き合いだけにして欲しいですけどね。
日韓の関係改善など日本に百害あって一利なし。

外交面での安倍総理の狡猾さを見ると相手の窮状に
付込み在日コリアンの引取りに話をつけてくれるかも・・・
なんて期待してしまいますね。

posted by はなまる at 23:20 | 安倍内閣
三度目の正直 労働者派遣法改正案
労働者派遣法改正案が衆院を通過しました。
これまで二度ダメになっていますから三度目の正直ね。

問題はこの労働者派遣法改正案が、働く人の為になるかどうかです。
法案の中身は難しくて私にはわかりません。
民主党や共産党はしきりに派遣を固定化し派遣を増やすと云ってますね。

一方安倍総理大臣は労働者派遣法の改正案について、派遣労働者の
生産性の向上に役立つとともに、待遇の改善を図るものだと云っています。
どちらが正しいのか。まあ私は民主・共産は一切信用しません。

しかし今回の改正案については、安倍総理の言うことも一概に信用できない。
自民党は労働者寄りか企業よりかといえば企業寄りだもんね。
民主・共産は在日、特亜寄りですけどね。

現行法だと3年勤めれば正社員になるはずだけど、多分正社員になるより
3年未満で派遣切りになる人の方が多いでしょう。
だから今のままではダメで何とか今よりよくしないとダメでしょう。

結局これは企業が人件費をケチるか、労働に見合う報酬を支払うか
にかかっていると思います。
人件費をケチれば企業の利益が増えると思うのは大間違い。

働く人は消費者です。人を派遣で安く使えば消費は落ちます。
企業も物を売れなくなるんですよ。
輸出が振るわない今、内需は重要です。
その内需を殺しては、企業も尻ドンです。

それに人材の育成もできません。いつでもクビを切れる
派遣ばかりでは、企業への忠誠心も向上心も持てません。
結局は企業も存立が危うくなるんですよ。

ただ派遣はもう社会に溶け込んでいるし派遣で働きたい人もいる。
派遣で働く人の待遇を良くし、給与も社会保障も正社員に近づける。
そのためにはどうすべきか考えて欲しいですね。

同時に正社員の待遇も考えて欲しい。
過労死なんて日本だけです。こんな事許してはいけません。
posted by はなまる at 17:57 | 安倍内閣
安倍首相 日韓イベント欠席
安倍晋三首相は日韓国交正常化50周年の記念レセプションに
欠席する意向を示しました。当然ですね。
韓国のパククネ大統領も記念レセプションには欠席ですから。
こういうのは相互主義です。
しかし民主党の岡田代表はエラク後不満の様子。

「つまらないところで意地張る姿は見苦しい」だって。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000582-san-pol
見苦しいのは国会で暴力事件起こしたり、国会をサボる民主党よ。

安倍総理は韓国に対しつまらぬ妥協はしないでしょう。
安心しました。

posted by はなまる at 23:10 | 安倍内閣
尹炳世外交長官が訪日
韓国のヅラ外相が訪日ですって。
世界中を飛び回って日本を中傷している反日基地外ですわ。
私としては塩でもまいて追い払いたいですけどね。

尹炳世外交長官が訪日へ、先に手を差し出した韓国…日本に和解圧力
http://japanese.joins.com/article/953/201953.html
和解圧力なんてへそが茶を沸かすわ。

どうも、日米韓の御用マスコミやヒョーロンカを使って
韓国に都合の良い世論を作ろうとしていますね。

今更、民主党の野田政権が出した慰安婦への謝罪や賠償で
決着をつけようとか、交渉は最終段階へきて挺身隊問題対策協議会は
「日本が認め賠償すればそれが法的責任を認めたこと」だとか
日本側「私的補償」に重点を置いてるとか勝手なことを云ってる。

慰安婦:韓国外相が初訪日、「法的責任」めぐり綱引き
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/18/2015061800672.html

誰が来ても日本政府は、韓国の強請り集りに、一切譲歩すべきでない。
韓国側は「日本の財政支援と謝罪の代わりに韓国は最終解決保証」
在韓日本大使館前の『少女像』撤去もなんていってますが
河野談話のときも最終解決のために云ったんですよね。
そもそも日韓基本条約で最終解決してる話ですよね。

在韓日本大使館前の『少女像』は民間が建てたから撤去できないと
韓国政府は言ってましたよ。国際条約違反だからまず撤去してから
訪日すべきでしょう。

どうせ韓国は約束した事は守らない。
韓国の最終解決保証なんて誰が信用するか。
慰安婦がダメなら強制徴用があるさ、って気かもしれないし。

安倍内閣は外交は強かだから今更韓国に譲歩はしないと思います。
尹炳世外交長官の代わりに訪韓するのは額賀福志郎日韓議員連盟会長。
韓国といえば額賀氏ですね。派閥の長で自民党の重鎮だし閣僚経験者。
こんな時は使い勝手がいい。

しかし現在は額賀議員は入閣もしてないし、政府の役職にはついてません。
この人選から見ても、政府は安易に妥協はしないでしょう。


posted by はなまる at 22:43 | 安倍内閣
中国vs安倍
韓国はすごく分かりやすい反日である意味扱いやすいけど
それに比べると流石に中国は権謀術策の国ですね。

年金情報漏えいや参考人の憲法学者の人選など仕掛けたのは
中国ですよ。安倍内閣倒閣に牙をむいてる感じ。
マスコミもアンケートなどの世論捜査で絶賛協力中。

勿論、日本政府のほうもそれは分かっているでしょう。
安倍総理は橋下氏と会談しましたね。
途端に民主も共産も審議拒否を止め、国会は正常化しました。

使える物は橋下氏でも何でも使えって事ですね。
この当り、安倍総理も強かです。
多分、私なんかに見えないところで色んなことが起きてますね。

そしてマスコミは決して報道しませんが。


posted by はなまる at 21:41 | 安倍内閣
韓国 安倍総理の親書拒否
前回書いた日韓サッカー外交ですが、真の目的は朴大統領に
安倍総理の親書を渡す事だったらしいですね。
どうりで自民と公明の議員が多い。


大会に参加した衛藤征士郎議院副議長は、安倍首相の親書を渡すため朴大統領との面談を要請したが、 朴大統領はMERS(中東呼吸器症候群)対策に集中したいとして、面会の時間はとれなかった。


そりゃMERSが絶賛拡大中だから仕方ないねぇ。
でも代理が受け取るとかなんとかするべきなんじゃないですか。
ほんと韓国は日本にならどんな非礼をしてもいいと思ってるのね。

とこんな風にますます日本人の嫌韓感情を煽ったのは
まあ悪くはない展開です。MERSへの支援もする必要ないし。
きっと裏では日本の支援を要請していたと思いますよ。

朴大統領は慰安婦問題が進展したとか米マスコミに応えて
日本政府を困惑させていたからちょうど良かったかも。
親書の中身は分からないけど、安倍総理にとっては
受け取っても拒否しても良い内容だったんでしよう。

しかし感染のリスクがあるのに韓国に行き親善試合までして
親書を渡そうとした議員の面子は丸つぶれね。
特に私のような一応安倍内閣と自民を支持するホシュは
すごくこの人達に反感持ったと思う。
これに懲りて日韓友好など止めてくださいね。
posted by はなまる at 21:14 | 安倍内閣
日韓サッカー外交
日韓議員が韓国でサッカー外交ですってよ。
ソウルで9年ぶり親善試合だって、いい気なモンね。
MERS感染が拡大しているというのに。

もし日本にMERSが感染したらどう責任をとるつもりですか ?
その無責任さは国会議員とは思えませんね。
そもそも韓国は親善など図る相手ですか。
私には韓国は日本の敵としか思えませんがね。
あまりに腹立たしいので自民党に抗議します。

民主党や共産党の議員ならさもありなんですが
自民の議員が混じっているのは許せない。
posted by はなまる at 21:58 | 安倍内閣
暴力国会
民主党が審議拒否は普通ですが暴力沙汰までおこしましたね。
渡辺博道委員長(自民)は12日、委員会室に入る際に民主党議員に
首を絞められて、全治2週間の頸椎捻挫、携帯電話を紛失したそうです。

労働者派遣法改正より「年金情報流出問題を先に審議せよ」と
渡辺厚労委員長の入室を乱闘状態で阻止するため計画を立てて
議員達に指示書で指示していたとか。

まるでかつての社会党というか核マルや中核派などの暴力集団みたい。
きっとお仲間がたくさん混じっているんですよ。
今時こんなパフォーマンスして国民にアピルするかしらね。

労働者派遣法改正の何処が問題か、どうすればより良くなるか
それを審議するのが国会でしょ。審議拒否しても何も変わらない。
野田内閣で導入した「みなし雇用制度」が今年10月1日に施行されます。

みなし雇用制度では3年以上継続して同一派遣先に派遣されている場合
「自動的に」直接雇用契約が成立することになります。
一見良いように見えますが正社員にする気がない企業は
みなし雇用制度が始まる前に契約を解除する場合も多いでしょう。

安倍内閣は3年間が過ぎても派遣の契約期間を引き延ばせる法案を
提出しているわけですが民主党は代案ナシに反対して大量の
派遣切りが出たらどう責任取るの ?

まあ民主党は責任なんか取るつもりはありませんね。
大量の派遣切が出たら出たで安倍内閣のせいにするんでしょ。
ようやく経済が好転して来てますが、それでは政権交代はできない。

なんとか安倍内閣というか日本の足を引っ張れば
自分達が政権をとれると思っているんですよ。
posted by はなまる at 19:50 | 安倍内閣
派遣改正法 審議拒否で混乱
派遣改正法で国会が混乱しています。
原因は民主・共産のわけわからん審議拒否。
維新が審議に応じた事で民主が非難していますね。

でもこれは避難するほうが可笑しい。
審議拒否なんて税金の無駄遣いでしょ。
もっとも民主党は審議拒否の常習犯ですけどね。

日本の労働者は気の毒です。
どの政党も労働者の味方ではない。
民主党は自治労の味方でしょうが民間の労働者の事は考えない。

連合は労働者の団体ではあるけど、労働者から組合費を吸い取って
サヨク的反日政治活動をやってるだけです。
与党自民党は、企業よりの政党だしね。

本当なら派遣法をどう改正すれば労働者の利益になるかを
徹底的に国会で審議すべきなのに、審議拒否ばっか。
審議拒否する政党には審議する能力がないんです。
投票するのは止めましょう。

posted by はなまる at 18:29 | 安倍内閣
中国による、安倍内閣 倒閣運動
6月4日の衆院憲法審査会の参考人質疑で、自民党推薦の憲法学者が
安全保障関連法案を「違憲」と指摘して以降、国会が大もめになっています。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1734.html

これは自民党の大チョンボって感じですがどうも裏があるようです。
青山繁晴氏が「ザ・ボイス」で語っていますが
“違憲”学者を招致した役所に中国の手が入っている!

どうもこの参考人の人選は役人に丸投げされているようです。
青山繁晴
「で、僕は、まあもちろん記者出身なんでその経緯をもう一回調べたら、国会で証言したあとももう一度調べてみたらですよ、ありとあらゆる証人は、つまり、役所に全部丸投げされてて」 「ね。そして、今回で言うとですよ、今回も、何とその船田さん、責任者の船田さん、ね、自民党でかつてホープと言われた船田さんも含めて、誰が国会に現れるかを知らないんですよ。役人に任せたまま」

その役人に中国の手が回っていればわざと憲法違反という学者だけが
呼ばれることになるわけです。
でもこれって可笑しいよね。ちゃんと政党が選ばなきゃダメですよ。

国の安全保障は政治家が責任を持ってやるべきものです。
憲法学者がやるもんじゃありません。
最後には最高裁判所にいくのかも知れないけど、司法もこの所
サヨクの巣窟になって変な判決が出ているから心配です。
マスコミや民主などサヨクの背後にいるのは中国韓国北朝鮮です。
騙されないようにしないとね。
posted by はなまる at 17:48 | 安倍内閣
安保法制と憲法解釈
辻元氏 集団的自衛権行使を可能とする解釈変更について
「(再び民主党政権になったら)元に戻した方がいい。
元に戻すことをしなくて済むように廃案にしたい」

「集団的自衛権を認めていなかったから
日本はこれまで戦争に巻き込まれなかった」

小野寺氏 安保法案について
「全ての国民の命を守るためだ」
「『こういうことは起きない。あり得ない』といわれたら、
安全保障の議論をどうしたらいいのか。
もし起きたときに対応できるように考えるのが基本だ」


先日のテレビ対談ですが、私としては民主党が二度と
政権をとる事はないと願うけど、どうせガラガラポンで
別の看板で国民を騙すつもりでしょう。

憲法9条を厳密に云うなら、自衛隊は憲法違反だし
日米安保だって集団的自衛権の一種ですよ。
これまでは、拡大解釈で誤魔化しながらやってきたけど、
本当は憲法改正したほうがいいんでしょうね。

私なんか憲法はその時々の時局にあわせて改正すればいいと思うけど
国民の三分の二がそう思うかどうかは分かりません。
憲法改正は残念ながら今のところ難しいと思います。
おそらくもっと膨大な時間と政治的エネルギーがいりますよ。
それでは間に合わないから解釈変更で安保法制を通そうとしている。

読売新聞のアンケートによれば
「安倍内閣の支持率」が58%から53%へ低下。不支持率は32%から36%。
「安全保障関連法案の今国会での成立については、
「反対」が59%(同48%)に上昇し、「賛成」の30%(同34%)を上回っている」

マスコミのアンケは信じませんが、野党&マスコミの共闘が
自民党の参考人の人選ミスもあって、影響していると感じます。
安倍内閣が足元を救われず何とか安保法制が通ると良いですね。

幸いG7で外交的成果も上げているし経済も良い数字がでました。
もうしばらくは安倍内閣で安定したいですね。
posted by はなまる at 18:13 | 安倍内閣
中国はナチス アキノフィリピン大統領の発言
フィリピンのアキノ大統領は来日して国際交流会議の席上で
中国をナチスにたとえました。

「私は歴史学を学んだアマチュアにすぎないが、ここで思い出すのは、ナチス・ドイツがさぐりを入れていたことと、それに対する欧米諸国の反応だ」と述べ、第2次世界大戦(World War II)勃発の前年にナチス・ドイツがチェコスロバキア・ズデーテン(Sudetenland)地方を併合した際、「誰もやめろと言わなかった」」と指摘

南シナで中国の脅威に直面しているだけあって切実です。
また参議院本会議場でアキノ大統領は「安全保障法制の国会審議に最大限の関心と強い尊敬の念を持つ」「日比両国が最も大きな声をあげ、脅威にさらされている地域の安定を擁護するのは当然の流れだ」と演説しました。

フィリピンだけでなく東南アジアの国の本音だと思います。
このまま中国の横暴を許せばそれは必ず日本にも向かってくる
というかすでに向かっていますよね。

憲法バカの学者がアホの一つ覚えに集団的自衛権は
憲法違反といくら非難してもこれが現実です。
政治は現実に対処しなくてはなりません。
posted by はなまる at 18:16 | 安倍内閣
今日の国会 辻元議員の演説
今日の国会ですが野党の質問に安倍総理もかなり苛立ちましたね。
辻元議員などだらだらと持論を演説しさすがにうんざりした
安倍総理は早く質問しろと催促すれば総理のヤジは許さないと猛抗議。

安倍総理でなくてもテレビ見てた私もうんざりでした。
国会は質疑し審議する場で辻元議員の演説を聞く場ではない。
それにしても安倍総理も軽率ですよ。
これが野党の手なんだから。

安倍総理はマスコミや野党が国民は安保法案を理解してない
政府の説明不足というから、長々と答弁すれば答弁が長いと批判され
かと思えば一方的に演説を聴かされて答弁できなかったり
別の質問にはイエスかノーで応えろなんていわれる。
特に民主党議員はイエスかノーで応えろって言う人が多い。
あの国会のクイズ王なんてイエスかノーか日本語で答えろとか
意味不明な事を前の国会で言ってましたね。
政治や経済はそんなに簡単に割り切れるもんじゃないのにね。

共産党の志位代表は、日本政府はアメリカの戦争に反対した事があるか
イラクやベトナム戦争は正しかったのか、、なんて総理を問い詰めたけど
正しい戦争なんてありません。戦争は国益のためにやる物。
イラクやベトナム戦争が米国にとって得か損かは米国が決めればいい。

同盟国の戦争に反対しても日本が得る物はないでしょ。
それより共産党は、中国の文化大革命や天安門を見てどう思うのか。
世界中で人を殺しまくったのは共産主義です。
どれほど口先でキレイ事を言っても共産党は信用しません。
志位代表は自衛隊員の自殺を安保法制に絡めるな !
共産党は散々自衛隊に嫌がらせしてるくせに人でなしちっ(怒った顔)

維新の党は第二の民主党になりましたね。
いずれは合体して別の看板をかけるのかも。
日本の集団的自衛権に賛成するのは米国
反対するのは中国、韓国。
だから私は集団的自衛権に賛成します。
でも米国の戦争に全て付き合うのはご免ですので
日本のシーレーンを守るだけでいいです。

posted by はなまる at 18:51 | 安倍内閣
ポツダム宣言と中国
民主党の岡田代表が安倍総理にポツダム宣言について質問しましたね。
安倍総理はポツダム宣言をつまびらかに読んでいないため
「論評できない」と応えました。

その事を民主党や共産党は激しく批判しましたがなんで
ポツダム宣言なんてものが突然出てきたんでしょうか。
現在の日本の安全保障法案とは何の関係もありませんよね。

侵略戦争と認めることは日本が越えなければならない関門
http://j.people.com.cn/n/2015/0522/c94474-8896388.html
人民網日本語版

この記事の中で人民網日本語版はポツダム宣言に触れています。
つまり民主党や共産党がポツダム宣言を持ち出したのは
中国政府からの指示だと思います。

安倍総理がポツダム宣言をつまびらかに読んでいないと応えたのは
その事を知っていたからじゃないでしょうか。
日本の戦後はサンフランシスコ講和条約により始まり
ポツダム宣言は無意味になりました。

どっちにしろ今現在の侵略国家中国が70年も前の戦争を
とやかく言うとはお笑いだわ。
そのくせ、二階氏の3000人訪中などは日中友好として取り上げている。

過去の戦争で日本を押さえつけたい、しかし日中関係があまり
悪化するのも困る、というのが中国の本音でしょう。
中国とアメリカとの冷戦が始まるのかもね。
日本も硬軟織り交ぜて強かに外交しないとダメですよ。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】極嫌・極悪ヤバすぎる!反日中国韓国人101人の正体! [ V...
posted by はなまる at 18:54 | 安倍内閣
日韓閣僚会談とWTO提訴
第6回日韓財務相会議、日韓貿易相会合、日韓防衛省会談など
色々な閣僚会談が開かれるようです。
韓国との関係改善などお互い真っ平でしょうが、そこは外交。
顔見たくもない相手は無視できるのは個人間だけ。
国家はそうは行かないんでしょう。

でその一方で日本政府は韓国による水産物輸入規制をめぐり
世界貿易機関(WTO)に提訴しました。
日本のWTO提訴は遺憾=積極対応を表明―韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150521-00000139-jij-kr

韓国は東京五輪を邪魔するため放射能の危険があると宣伝して
水産物輸入を規制しました。
日本がWTOに提訴するのは当然ですがそのタイミングがいいね !

韓国との閣僚会談が始まる直前です。
韓国政府は日本を相手に歴史問題を継続して提起しながら、
安保や経済的懸案については協力強化という「ツートラック戦略」
転換し日韓の雪解けか ? なんて冗談もほどほどにせいよ。

用日などご免だからWTO提訴は一発カウンターパンチだね。
ついでに安倍総理夫人も靖国参拝。
これは二階氏の3000人中国訪問も睨んでか。
安倍総理もホントに狡猾というか陰険というか。
したたかな政治家になられましたね。

世界遺産登録への韓国のいちゃもんにもきっちり反論して
韓国の言う事がどれほど出鱈目か、正確な資料を出して
関係国を説得してもらいたいですね。
韓国にはなにを言っても無駄、国際社会に反論すべきです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】韓国人が暴く黒韓史 [ シンシアリー ]
posted by はなまる at 18:28 | 安倍内閣
党首討論 自民VS民主
今日は党首討論がありました。
民主党の岡田氏は安全保障法について、
自衛隊のリスクは高まる !

自民党の安倍総裁は、安全な所を選ぶ !
日米安保強化で抑止力は高まる !

まあね、岡田代表の言ってる事は嘘じゃないですよ。
リスクは高まるでしょう。
それでも日本のシーレーンは日米協力して守るしかないでしょ。
それをヤルナというのは、イザそうなった時、日本に死ねと言う事ですよ。
民主党は、日本を滅ぼしたいんでしょ。

安倍総理も安全な所を選ぶったって、常に安全な場所にいる軍隊なんてない
内心ではリスクも高まるだろう、と分かっていると思います。
でもそれを言ったら、マスコミにボコボコに叩かれて世論誘導されるから
なんとか誤魔化すしかないって感じです。

私はリスクの高まる自衛隊には申し訳ないけど
日本のシーリーンを守って欲しいと思います。
その為に自衛隊には出来る限り、必要な法整備をして欲しいです。

沖縄の姫ユリ部隊の生き残った人が沖縄に基地はいらない
戦争は絶対反対と訴えておられましたね。
でも悲惨な戦争体験したのは沖縄だけじゃありません。

東京はじめ、大都市への空襲、広島、長崎への原爆投下。
日本全体が悲惨な体験をしています。
私だって、戦争は絶対反対ですよ。戦争は起こしたくない !

ではどうすれば戦争を未然に防げるかが問題です。
平和平和といくら叫んでも平和はこない。
今、米軍基地をなくせば、中国の思う壺。
沖縄の人には中国の侵略が見えないのかしらね。
結果として中国の日本侵略の共犯者になっている。
あの翁長知事は確信犯ですけどね。

戦後70年、日本の平和を守ってきたのは日米安保でしょう。
しかしこの先、米国に頼ってばかりはいられないから
日本も自衛力を高め集団的自衛権でシーリーンを守るしかない。
戦わずして勝つ為には日本も強くならないとね。
強い相手に喧嘩を吹っかける国は少ないでしょ。


posted by はなまる at 22:43 | 安倍内閣
日韓スワップ お断り
景気低迷にあえぐ韓国が日韓スワップを求めているんですって

日韓経済人会議、韓国側から関係改善の声 
http://www.sankei.com/world/news/150514/wor1505140046-n1.html

なにを今更、ふざけるんじゃない !
日韓スワップ ?
竹島、仏像を返却し
慰安婦問題が捏造であった事を認め謝罪し
これまでの借金を全てキレイに返したら
検討する事もありえる・・・が

とか日本政府には言ってもらいたいけど
日韓スワップには絶対反対です。

企業が自分の判断でどこに投資しようとそれは企業の勝手です。
韓国に投資する位なら東北にしろ !とは思いますがね。
その結果、儲かろうがシャープみたいにダメになろうがそれは
企業の勝手だけどスワップに使われるのは国民の税金です。
韓国のために私たちの税金を使うなんて許せない !
韓国とは決して関わるな exclamation×2

【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本人なら知っておきたい反日韓国100のウソ [ 室谷克実 ]

posted by はなまる at 18:05 | 安倍内閣
安倍総理の記者会見
昨日、私の町で共産党の街宣車が、戦争できる国にするな、
平和憲法を守れ、と拡声器でがなっていました。
マスコミも、アメリカの戦争に巻き込まれるとか、
危険性ばかりを書き立てています。
もしシーレーンを敵対国に押さえられたらどうなるか
なんて事は全く言いません。
安倍総理の記者会見もトリミングだらけ。
ここは一つ、安倍総理の発言の全てをしっかり吟味するべきです。


安倍総理記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0514kaiken.html

 70年前、私たち日本人は一つの誓いを立てました。もう二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。この不戦の誓いを将来にわたって守り続けていく。そして、国民の命と平和な暮らしを守り抜く。この決意の下、本日、日本と世界の平和と安全を確かなものとするための平和安全法制を閣議決定いたしました。

 もはや一国のみで、どの国も自国の安全を守ることはできない時代であります。この2年、アルジェリア、シリア、そしてチュニジアで日本人がテロの犠牲となりました。北朝鮮の数百発もの弾道ミサイルは日本の大半を射程に入れています。そのミサイルに搭載できる核兵器の開発も深刻さを増しています。我が国に近づいてくる国籍不明の航空機に対する自衛隊機の緊急発進、いわゆるスクランブルの回数は、10年前と比べて実に7倍に増えています。これが現実です。そして、私たちはこの厳しい現実から目を背けることはできません。

 ですから、私は、近隣諸国との対話を通じた外交努力を重視しています。総理就任以来、地球儀を俯瞰する視点で積極的な外交を展開してまいりました。いかなる紛争も、武力や威嚇ではなく国際法に基づいて平和的に解決すべきである。この原則を私は国際社会で繰り返し主張し、多くの国々から賛同を得てきました。外交を通じて平和を守る。今後も積極的な平和外交を展開してまいります。

 同時に、万が一への備えも怠ってはなりません。そのため、我が国の安全保障の基軸である日米同盟の強化に努めてまいりました。先般のアメリカ訪問によって日米のきずなはかつてないほどに強くなっています。日本が攻撃を受ければ、米軍は日本を防衛するために力を尽くしてくれます。そして、安保条約の義務を全うするため、日本近海で適時適切に警戒監視の任務に当たっています。

 私たちのためその任務に当たる米軍が攻撃を受けても、私たちは日本自身への攻撃がなければ何もできない、何もしない。これがこれまでの日本の立場でありました。本当にこれでよいのでしょうか。

 日本近海において米軍が攻撃される、そういった状況では、私たちにも危険が及びかねない。人ごとではなく、まさに私たち自身の危機であります。私たちの命や平和な暮らしが明白な危険にさらされている。そして、その危機を排除するために他に適当な手段がない。なおかつ必要最小限の範囲を超えてはならない。この3つの要件による厳格な歯止めを法律案の中にしっかりと定めました。さらに、国会の承認が必要となることは言うまでもありません。極めて限定的に集団的自衛権を行使できることといたしました。

 それでもなお、アメリカの戦争に巻き込まれるのではないか。漠然とした不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。その不安をお持ちの方にここではっきりと申し上げます。そのようなことは絶対にあり得ません。新たな日米合意の中にもはっきりと書き込んでいます。日本が武力を行使するのは日本国民を守るため。これは日本とアメリカの共通認識であります。

 もし日本が危険にさらされたときには、日米同盟は完全に機能する。そのことを世界に発信することによって、抑止力は更に高まり、日本が攻撃を受ける可能性は一層なくなっていくと考えます。

 ですから、戦争法案などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤りであります。あくまで日本人の命と平和な暮らしを守るため、そのためにあらゆる事態を想定し、切れ目のない備えを行うのが今回の法案です。

 海外派兵が一般に許されないという従来からの原則も変わりません。自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、今後とも決してない。そのことも明確にしておきたいと思います。

 他方、海外において、自衛隊は原油輸送の大動脈、ペルシャ湾の機雷掃海を皮切りに、これまで20年以上にわたり国際協力活動に従事してきました。今も灼熱のアフリカにあって、独立したばかりの南スーダンを応援しています。そこでは日本がかつて復興を支援したカンボジアが共にPKOに参加しています。

 病院を運営するカンボジア隊の隊長が現地の自衛隊員にこう語ってくれたそうであります。国連PKOでの日本の活躍は、母国カンボジアの人々の記憶に今も鮮明に残っている。この病院も本当は誰よりも日本人に使ってほしい。私たちは日本人のためならば24時間いつでも診療する用意がある。

 これまでの自衛隊の活動は間違いなく世界の平和に貢献しています。そして、大いに感謝されています。延べ5万人を超える隊員たちの献身的な努力に私は心から敬意を表したいと思います。

 そして、こうした素晴らしい実績と経験の上に、今回PKO協力法を改正し、新たに国際平和支援法を整備することといたしました。これにより、国際貢献の幅を一層広げてまいります。我が国の平和と安全に資する活動を行う、米軍を始めとする外国の軍隊を後方支援するための法改正も行います。しかし、いずれの活動においても武力の行使は決して行いません。そのことを明確に申し上げます。

 これらは、いずれも集団的自衛権とは関係のない活動であります。あくまでも紛争予防、人道復興支援、燃料や食料の補給など、我が国が得意とする分野で国際社会と手を携えてまいります。

 我が国の平和と安全に重要な影響を与える事態にとどまることなく、日本は積極的平和主義の旗を高く掲げ、世界の平和と安定にこれまで以上に貢献していく決意であります。

 戦後日本は、平和国家としての道を真っすぐに歩んでまいりました。世界でも高く評価されている。これまでの歩みに私たちは胸を張るべきです。しかし、それは、平和、平和とただ言葉を唱えるだけで実現したものではありません。自衛隊の創設、日米安保条約の改定、国際平和協力活動への参加、時代の変化に対応して、平和への願いを行動へと移してきた先人たちの努力の結果であると、私はそう確信しています。

 行動を起こせば批判が伴います。安保条約を改定したときにも、また、PKO協力法を制定したときにも、必ずと言っていいほど、戦争に巻き込まれるといった批判が噴出しました。

 しかし、そうした批判が全く的外れなものであったことは、これまでの歴史が証明しています。私たちは、先の大戦の深い反省とともに、70年もの間、不戦の誓いをひたすらに守ってきました。そして、これからも私たち日本人の誰一人として戦争など望んでいない。そのことに疑いの余地はありません。

 私たちは、自信を持つべきです。時代の変化から目を背け、立ち止まるのはやめましょう。子供たちに平和な日本を引き継ぐため、自信を持って前に進もうではありませんか。日本と世界の平和のために、私はその先頭に立って、国民の皆様と共に新たな時代を切り拓いていく覚悟であります。

 私からは、以上であります。


私は、戦争を抑止するのは軍事力だと思います。
今までは米国の軍事力に守られてきた。
でもその米国もかつてのような圧倒的な力はなく
中国は時代遅れの帝国主義を隠そうともしない。
日本はいずれ自力で国をまもらざるを得ないと思います。

勿論、米国との同盟は大事です。
でも所詮は他人ですし、永遠の同盟国なんてありません。
だからこそ甘えてはいられない。
日本も努力しないとね。

当分は米国は世界最強であり続けるでしょう。
シーレーンは米国や利害を同じくする国と協力して守るのが合理的。
ただ総理が米国の戦争に絶対巻き込まれる事はないというけど
絶対なんて事は世の中にはないと思います。
その点ではちょっとごまかしがあると思う。
中国の脅威にも触れていませんね。

いずれにしろ日米同盟が空洞化すれば日本には大きな損失になる。
どちらが大きなダメージになるのか、リスクの大きさを考えて
判断するしかないでしょうね。

克 中韓論 中国・韓国の「反日情報工作」に打ち克つ日本 / 黄文雄 【単行本】
posted by はなまる at 17:13 | 安倍内閣