安保法案が特別委で可決
安保法案がようやく特別委で可決されました。
野党のあの手この手の妨害は凄かったですね。

野党の女性議員が委員会邪魔するために壁を作って
 【触るな!セクハラだ!」
いやあ、辻元さんとか福島さんとかに触りたい人はいないでしょ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000604-san-pol

今日の特別委ではヒゲの隊長佐藤氏に民主党の白、福島議員をはじめ
野党議員がつかみかかり、、、殺されるんじゃないかと思った。
鴻池委員長ももみくちゃでしたね。お年寄りにアレはキツイ。

民主党の白眞勲議員はコリアン系 福島議員は中国系との事
安保法案に反対しているのは、中国韓国ですから分かりやすい。
帰化一世に参政権・被参政権を与えるのは考えものね。

戦争反対、平和憲法を守れと言う割には暴力的な野党。
デモッてる連中もね、太鼓叩いたり道路で寝っころがったり
日本人じゃないでしょ。狐じゃない隣国の尻尾が丸見え。
posted by はなまる at 21:37 | 安倍内閣
奥田愛基氏 公述人
15日の中央公聴会で意見表明する「公述人」として
「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年の
奥田愛基さんら6人を招かれました。

奥田愛基さんは民主党の推薦です。
何言ったか知らないけどフジの番組でもボコボコだった
奥田愛基さん、まあ懲りない人ね。

有田ヨシフさんが桜田門決壊なんてツィッターして
批難されてましたよ。
おバカを晒さないでね。



posted by はなまる at 19:17 | 安倍内閣
安倍首相が無投票再選
安倍首相が無投票再選されました。
野田前総務会長は立候補に必要な推薦人20人を確保できず、
出馬を断念・・・まあ予想通りですね。
安保法案それが終われば景気対策と忙しい。
総裁選はやる必要はないですよ。

野田議員のバックには古賀元議員や山崎卓元議員がいるらしい。
いずれも自民党の老害といわれる人達です。
議員を辞めたのにまだ亡霊のように永田町をうろついている。

野田議員辞退も郵政で一度自民を離れた人。
何故、安倍総理が自民復帰を認めたのか分かりません。
まあ当時の色々な力関係とか企みがあったんでしょ。

今回、立候補する事で野田議員は顔を売りました。
安保反対で相当な支持者も得たでしょ。
というか元々が安保反対勢力(中国韓国北 在日)に属する
人でしょう。この人は本気で総理の座を狙っている感じ。
その為に総裁選に何回も出るつもりでしょうが。

野田議員はあんな無理をして生んだお子さんの世話に
全力を尽くされたらいかがでしょう。
posted by はなまる at 17:04 | 安倍内閣
安倍総理のテレビ出演
安倍総理のテレビ出演が続いています。
ミヤネヤ、そこまで言って委員会など関西系の番組ですが
これに民主党が噛み付いて、国会審議をやめるのなんのと
文句を言ってますね。

「首相の態度が悪いから審議拒否」
「首相がテレビに出たから審議拒否」
自分らが審議拒否して安保法案は審議不十分
議論が尽くされてないのに採決するな
国民に丁寧に説明しろですからね。
だから総理がテレビに出て説明したんでしょ。

ちなみに総理がミヤネヤに出演した日は国会に総理の出席要請は無く
総理がテレビ出演して安保法案を直接国民に説明しても
なんの問題もありません。審議拒否の理由にはなりませんよ。

安倍総理が「そこまで言って委員会」で語った主な内容
http://www.sankei.com/politics/news/150907/plt1509070011-n1.html
「橋下市長の国政進出ありえる」「戦争法案なら私も反対する」
(総理婦人は布袋ファン)
posted by はなまる at 17:16 | 安倍内閣
安保、政府案で成立目指す
安保法案反対のデモは日曜日でしたが日曜は国会はお休み。
つまり空っぽの国会に向けてデモしたんですね。
野党4党の党首は集まった人達に向けテンション高く演説。
それは省いてデモ参加者の声。

坂本龍一さんは
「僕たちは、イギリス人にとってのマグナ・カルタ、フランス人にとってのフランス革命に近い行動を取っている」

マグナ・カルタって何 ? フランス革命はギロチンで王族を含む
沢山の人がギロチンの露と消えましたね。

SEALDsの奥田愛基さんは
「憲法は俺たち一人一人の権利。それを無視するのは国民を無視すること」
憲法が権利 ? 意味不明だけど憲法違反かどうかを決めるのは最高裁判所。

福岡の大学生さんは
「もし本当に中国や韓国が攻めてくるというのなら、僕が九州の玄関口で、とことん話して、酒を飲んで、遊んで、食い止めます。それが本当の抑止力でしょう?」
・・・アホ

北海道大学教授の山口二郎氏は
「安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!民主主義の仕組みを使ってたたき斬ろう。たたきのめそう。われわれの行動は確実に与党の政治家を圧迫し、縛っている。与党がやりたいこと、次から次へと先送りして、この戦争法案に最後の望みをかけているが、われわれも力でこの安倍政権のたくらみを粉砕し、安倍政権の退陣を勝ち取るために、今日の2倍、3倍の力で一層戦いを進めていこうではないか」

こわ〜がく〜(落胆した顔)この山口二郎氏は憲法学者ですってよ。
憲法学者とか憲法9条を守れという人は戦いがお好きね。
自分と反対の人に対する態度は人権派弁護士を片っ端から逮捕した
中国共産党と同じ。集まった人数約3万人を12万人と盛ってるけど、
数を盛大に盛るのも中・韓と似ていますね。
嘘はいけませんて子供のころ教えてもらえなかったのかしら。

このデモの二日後 安保、政府案で成立へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000074-san-pol
集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は、ほぼ政府案の通り今国会で成立する見通しとなった

まあ早いトコ決めるべきは決めて、経済対策をして欲しいです。
posted by はなまる at 22:09 | 安倍内閣
8/30 国会前安保法案反対デモ
8/30の国会前安保法案反対集会ですがSEALDsは「35万人」、
主催者「12万人」、警察「3万人」と発表しています。
まあ信用できるのは警察発表の警察「3万人」でしょう。

空撮の写真を見てもそのくらいだと思います。
「3万人」といえば大変な人数ですよね。
嘘をついて水増しする必要はないと思うんですが。

もっともその中の何十%が選挙権のある日本人か
中国人あるいは韓国人かは分かりません。
太鼓やラッパを吹き鳴らすのは日本人じゃありませんし
ハングル語とか、中国漢字のプラカードもありましたからね。

テレビや新聞、雑誌にまでこの日のデモを話題にして
煽ってかき集めた人数が3万人。マスコミの力はいまだ侮れず ?

一方、日経新聞によれば安倍政権の支持率が46%に回復。
マスコミのアンケなど信じないし日経新聞も決して信じられる
メディアではありませんが、それでも安倍政権の支持率が
上向きなのは事実だと思います。

一方で中国発の株価下落 経済的破綻が明らかになり
韓国北朝鮮の馬鹿げたプロレス、中韓の接近・・・
そして国会前の馬鹿げたデモ騒ぎを見れば、流石に日本人も
なんかオカシイぞという危機意識を持つんじゃないでしょうか。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】民間防衛新装版 [ スイス ]
「自由と独立は断じて与えられるものではない。自由と独立は絶えず守らねばならない権利であり、言葉や抗議だけでは決して守り得ないものである。手に武器を持って要求して初めて得られるものである」

posted by はなまる at 16:31 | 安倍内閣
安保法案賛成派が都内でデモ
安保賛成派が都内を始め全国でデモをしました。
8/29「戦争法案のレッテル貼りは見当違い
http://www.sankei.com/politics/news/150829/plt1508290018-n1.html
大阪市、広島市、福岡市、長崎市の全国4カ所でもデモや
街頭集会を実施して、安保法賛成を訴えました。

反対派のデモばかり報道されましたが今回は産経や朝日まで
報道しましたね。お隣の国は休戦中とはいえいつ何があるか
中国は核ミサイルで日本を狙っているし、経済も低下している。
内部の争いになればいいけど外に向かって攻撃する事もあり得る。
そんな中で、安保法案で利害を同じくする国と手を結ぶのは当然。

戦争法案などとレッテル張りし、徴兵制になるなんて出鱈目を
広めた人達は、中国や北朝鮮、韓国については何も言わない。
「拉致より憲法だ」と発言する人達ですからね。
韓国なんて対馬は韓国のものなんて言ってますよ。
日本のマスコミは全然報道しませんがね。

集団的自衛権を行使している国はむしろ徴兵制は少ないです。
個別的自衛権だけのスイスは国民皆兵だしオーストリアも徴兵制あり。
日本も今まで平和だったのは日米安保という集団的自衛権によって
米軍と自衛隊が協力して守ってきたからです。
米国がどれほど信用できるかどうかは別にしても、
日本も今のままではダメでしょう。

posted by はなまる at 15:43 | 安倍内閣
国連vs日本政府
国連の潘基文事務総長が北京で9月3日に開催される
抗日戦争勝利記念行事や軍事パレードにも出席するそうです。
これに対し、日本の外務省は、「中立性に問題がある」として
国連側に懸念を伝えたことを明らかにしました。

政府は、国連に対して「中立的な立場での対応を望む」
「過去ばかりに焦点を当てた記念行事に、国連の事務総長が
のこのこと出掛けるのはいかがか。強い不快感を持っている」

いつになく強い態度みたいですが、どうも押しが足らない。

潘基文事務総長は歴代最低の事務総長といわれてますが
次期韓国大統領候補だそうですよ。
国連の中立性なんか問題じゃないのね。


posted by はなまる at 18:55 | 安倍内閣
ヘイト禁止法案、採決見送りへ 
ヘイト禁止法案の採決が見送りになりました !
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172317
特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチを禁じる
「人種差別撤廃施策推進法案」について、自民、公明の与党は
今国会での採決を見送る方針を固めた


まあ当然でしょ。安倍内閣でこんな法案が通るはずがない。
この法案の特定の人種や民族とは朝鮮人とか中国人ですよ。
在日コリアンや在日特権への批判を封じて
私達日本人の表現や言論の自由を弾圧する法案ですよ。
人種差別撤廃とか人権擁護とかキレイな言葉に騙されてはダメ。

選挙の時はヘイト禁止法案と外国人参政権に反対する
政党に投票しましょう。多重国籍を認める政党もダメ。

posted by はなまる at 22:36 | 安倍内閣
朝鮮半島有事に自衛隊派兵せず
8/24の国会で民主党の小川敏夫議員の安保法案に関する質問。
もし韓国が密接関係国なら、韓国が武力攻撃を受けたら自衛隊は韓国に行かなければならなくなる。 法律上そうなりますよね?

安倍総理の答え
「他国の領土内で行われていることへの自衛隊派遣は海外派兵に当たるからできない」
・・・・・
小川:
存立危機事態を招いている武力攻撃が韓国に行われている場合に、日本は法律上自衛隊派遣をできるのか、できないのか!

安倍:
「できない」ということを申し上げます。自衛隊法88条2項において「事態に応じ合理的に必要と判断される限度を超えてはならないものとする」とある。一般には海外派兵は禁じられているので、それは集団的自衛権にあたりましても同じことだ。

政府は従来から「武力行使の目的で武装した部隊を他国の領土、領海、領空に派遣する海外派兵は、一般に自衛のための必要最小限度を超えるもので、憲法上許されない」としてきました。

以前からネットでは、安保法案は韓国に自衛隊を派遣する為
北朝鮮との戦争で韓国を助ける為などという噂がありました。
多分サヨクが流した出鱈目な噂でしょうが安倍総理の答えで
はっきりと否定されたわけです。

しかし小川議員の質問の意味はなんでしょうね。
安保法案に反対しながら、朝鮮有事の際は韓国のために
自衛隊を派遣してくれとでも言いたいのかしらね。
ちょうど北と韓国が揉めている最中だったし。

いずれにせよ、朝鮮有事に日本は絶対関わるべきではない。
韓国も北朝鮮も日本にとっては敵ですもんね。
ただ半島にいる日本人を救出するために、米軍と協力する
必要がありその米軍を自衛隊が守る今は不可能だけど
安保法案によって可能になります。

朝鮮半島有事の際は日本は中立を宣言すればいい。
しかし韓国も北もヘタレだから口げんかはしても
本物の戦争はしそうにないですね。
posted by はなまる at 21:41 | 安倍内閣
中国「抗日戦争勝利70年」記念式典
中国の「抗日戦争勝利70年」の記念式典に安倍総理は
不参加を決めました。というか最初から出席する気はないでしょ。
毎日新聞などは安倍総理が出席すると捏造報道をしていましたね。 

そもそも日本は中国共産党と戦争していませんし。
日本が戦ったのは中華民国・今の台湾ですね。
この事実に基づかない変な式典にはロシアのプーチン大統領や
韓国の朴槿恵大統領が出席ですって。
プーチン大統領はともかく韓国の朴槿恵大統領が出席という事は
いよいよ韓国は中国の傘下に入るわけですね。
ちなみになぜか北のカリアゲ氏は出席ナシ。代理出席です。

韓国は北朝鮮との関係が緊迫しているのを理由に出席を
ドタキャンするんじゃないかと思ってました。
北朝鮮も韓国大統領が出席するのは止めたいだろうし。
その為の挑発、話し合いだったと思ったんですがね。
あっさり片がついちゃいました。

人民日報の姉妹誌『環球時報』「中国は朝鮮半島事態の人質にはならない」
「平壌(ピョンヤン)や韓国、あるいは朝鮮半島に影響を及ぼそうとする外部勢力が 賭けをしようとしているのかもしれない」「悪意のある妨害のせいで、もし何らかの形で軍事パレードに支障を来した場合、 中国は座視しないだろう」「中国は、もし緊張が激化して状況が制御できるレベルを超えたと判断したら、 明白な反対の意思を表示できる適切な手段を持っている」


どうも裏では中国様が両方にかなり圧力をかけたようです。
北と韓国のプロレスはとっくにお見通し。

【北京=竹腰雅彦】中国政府は25日、北京で9月3日に行う「抗日戦争勝利70年」の 記念式典に49か国が参加し、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵(パククネ)大統領ら計30か国の首脳級が出席すると発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00050078-yom-int
日本からは村山元首相が出席するそうです。
まあ相応しい人選ですね。安保法案は憲法違反といいながら
中国の抗日戦争勝利70年の軍事パレードには出席ですか。

ところで安倍総理が出席しないと明らかにしたのは8/24です。
韓国の大統領出席が確定してから発表しましたね。
マスコミの飛ばし記事を利用して、韓国を嵌めた ?
なんて事はありませんよね。

posted by はなまる at 17:04 | 安倍内閣
福島瑞穂氏の国会質問
福島瑞穂氏は安倍談話で安倍内閣の支持率が上がったのが
よほど悔しかったんでしょうね。

主語がないとか安倍総理が自らの言葉で誤ってないとか
何百年たっても謝るべき事はあるとか
戦争で傷ついた女性とは誰を指すのかとか・・・
福島瑞穂氏はいったいどこの国の議員ですか ?

そもそも中国とも韓国とも他の国とも外交的決着をつけて
関係改善したんだから、それ以上の謝罪は不要です。
戦後50年も経って村山談話を出すほうが異常ですよ。
安倍談話にあったように寛容な国々に感謝すればいいんです。

安倍総理自身、戦争当時は生まれていない。
自分がやった事じゃないんだから主語が自分でないのは当然だし
何百年も謝罪 ? 私達の子子孫孫まで ? 真っ平ゴメンだわ。

戦争で傷ついた女性とは、ソ連兵や朝鮮人や米兵に酷い目にあった
日本女性は沢山いるし、ライダハンで韓国兵に酷い目にあった
ベトナム女性だって含まれるでしょう。

福島瑞穂議員は安保法案を戦争法案と決め付けたのに対し
安倍総理は戦争法案とはどの法案か? と問い返しました。
この当り総理は上手いですね。

福島瑞穂議員は談話と正反対の戦争法案を出して国民を騙すな !
と一方的に自分の主張をまくし立てて質問を終わりました。
辻元氏とか野党の議員は良くこの手を使いますね。

福島瑞穂議員をはじめ、安保法案に反対する議員たちは、
中国の力による膨張主義は決して批判しないし言及しない。
中国が尖閣をそして沖縄を狙っているのは明らかなのに
絶対その事は言わない。韓国の竹島侵略も批判しない。
いったいどこの議員かしらね。日本の議員ではありませんわよ。

平和は口先で唱えれば得られるものじゃない。
外交にしても裏づけとなる力がなければ無力です。
備えあれば憂いなしですよ。
posted by はなまる at 18:45 | 安倍内閣
慰安婦の真実
フラトン市博物館の慰安婦像設置が中止になりました。
これについてはフラトン市姉妹都市の福井市議会が反対決議を
出しています。
http://www.news-postseven.com/archives/20141022_282541.html
福井市議会 平成26年9月定例会 本会議(9月24日)
「フラトン市博物館への平和モニュメントの設置に反対する決議案」について
賛成討論 野嶋祐記議員(市政会) 
反対討論 鈴木正樹議員(日本共産党議員団


よくやった、福井市議会 反対討論はやっぱり共産党ね。

安倍内閣になってから慰安婦の嘘が次々暴かれています。
朝日新聞はすでに慰安婦報道が捏造である事を認めています。
河野談話は韓国政府とすり合わせた妥協の産物であると
日本中が知っています。

なのに国際的にはクマラスワミ報告、マクドゥーガル報告書などで
まだ捏造された慰安婦の嘘話が一人歩きしています。
日本人としては非常に悔しいstrong>事ですね。
こんな嘘を世界に広めた朝日新聞と韓国は絶対許せません。

国際的なネガティブキャンペーンに対抗するにはどうすればいいか
「ラバウルの慰安婦、快活だった」豪州人捕虜の手記紹介
http://www.sankei.com/world/news/150812/wor1508120008-n1.html
こうした活動をどんどん広める事が大切ですね。

日本政府も国内で捏造慰安婦話を潰したように
国際社会でも、宣伝活動を広めて欲しい・・・
もちろん安倍内閣は活発にやっているでしょうが。
posted by はなまる at 23:07 | 安倍内閣
外務省のホームページ修正
外務省がホームページを安倍談話発表に合わせて修正しました。
ま、新しい談話が出たんだから当然ですね。

外務省は韓国の京郷新聞との通話で
「削除ではなく安倍談話の発表に合わせて内容を改正する必要があって一時的におろした」 「内容を改正し次第また上げる予定」


韓国はこれに不満たらたらで
外務省が植民地支配と侵略を直接謝罪せず、過去の政権の謝罪内容を引用するに終わった安倍談話をそのままホームページに移す場合、周辺国の反発は避けられないものと見られる。特に ‘戦争と関連がない世代に謝罪を継続する宿命を担わせてはいけない’とし、事実上もうこれ以上
の謝罪を拒否するという談話内容まで外務省ホームページにそのまま入れられることになれば反発がより一層強まる可能性が高い。


周辺国の反発といっても中国と韓国と北朝鮮だけでしょ。
中・韓・北にとっては鳩山元総理のように永遠に土下座する日本
金も技術も差し出す日本が理想でしょ。
お気の毒だけどもうそうはいきませんから。

今年上半期、日本の中国への投資は20%以上減りました。
その上に天津市の大爆発で、海外からの投資は大きく減るでしょう。
経済に行き詰った中国はますます、外に暴走するかも。
あるいはシュウキンペイVSコウタクミンの内戦になるか。
日本は中国の暴走を抑止するため、安保法案くらいは通さないとね。

【送料無料選択可!】高校生にも読んでほしい安全保障の授業[本/雑誌] (単行本・ムック) / 佐藤...

posted by はなまる at 22:55 | 安倍内閣
安倍談話に対する反応
安倍談話に対する反応
ネッド・プライス米国報道官 ここまで言われるとこそばゆいですが。
「戦後70年間、日本は平和や民主主義、法の支配に対する揺るぎない献身を 行動で示しており、すべての国の模範だ」とした上で、世界の平和と繁栄への貢献を首相が約束したことを評価。 「安倍首相が、大戦中に日本が引き起こした苦しみに対して痛惜の念を示したことや、歴代内閣の立場を 踏襲したことを歓迎する」と述べた

それに対して当然ながら中国はおかんむり。
力で現状を変えようとする中国に対する当てこすりも然る事ながら
台湾と中国を分けて言った事にも、お怒りのようです。
しかし中国は天津市の大爆発でそれどころじゃないでしょ。
それでなくとも、経済はめちゃくちゃ。
これからの中国はこれまで以上に危険ですよ。

一方韓国は、米国からのキツイお達しと経済不振のため
一応政府は批判を押さえはしたものの、国民の反発は大きい
きっと、そのうち火病を起こすんじゃない。
もう日本は韓国を支援したりはしませんからね。

こうした国より面白かったのは日本の反日マスコミと野党の面々。
テレ朝ステーションののぼり旗はお笑いとしては秀逸・・・
TBSの○△×もそれに劣りませんでした。

民主党も共産党も反日マスコミも4つのキーワードが入る !
と大喜びだったのに、その内容は期待とは全く逆。
そのがっかり感といったら、お気の毒様。
村山老人始め左翼の皆さん談話など出す必要はなかった、
などと愚痴ってますね。まあそりゃそうでしょ。

私が一番腹立たしいのはNHKでしたけどね。
国民の受信料で何を報道しやがる ちっ(怒った顔) ちっ(怒った顔) ちっ(怒った顔)

テーマ 余命22号 NHK課金について
現状のNHKの有り様は日本の政治経済軍事すべてにおいて、日本という国の立場が全く見えてこない。とくに政治における論説、解説は異様というレベルである。すでに特権的企業に成り下がり、公共放送という偽看板を掲げた営利企業になっている実態では、NHKに受信料支払強制の大義名分はない。
受信料の支払いは任意とするか、廃止が妥当だろう。これは100%民意である。しかるべき早急な対応を要望する。
posted by はなまる at 18:41 | 安倍内閣
安倍談話 村山談話のリライト
色んな所から猛烈な圧力をかけられ心配された安倍談話ですが、
そういう中でこれ以上はない内容だったと思います。
私が一番ぐっと来たのはこのくだりです。

日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

さらにかつての欧州の植民地支配、世界恐慌、ブロック経済などが
日本に危機感を与え、外交や経済に行き詰まり、戦争への道を歩んだ事。
また日露戦争の勝利が多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけたこと。

戦後はかつて敵国だった国やあの戦争で被害を受けた国の
寛容な心によって日本が立ち直った事など。

植民地支配、侵略、反省、お詫びなどサヨク勢力(中韓北)が
要求した言葉は全部入っていますが、談話の全体の意味は
彼らが期待した物とは正反対になったと思います。

安倍談話に関して意見は色々あるでしょうが
小坪しんやさんのサイトが詳しく分析しています。
https://samurai20.jp/2015/08/abedanwa/

平成27年8月14日

内閣総理大臣談話

 終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

 百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

 当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

 そして七十年前。日本は、敗戦しました。

 戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。

 先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。

 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。

 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。

 これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。

 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

 先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

 我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

 こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。

 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。

 ですから、私たちは、心に留めなければなりません。

 戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

 戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。

 そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。

 寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

 私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

 そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。

 私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。

 私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。

 私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

 私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。

平成二十七年八月十四日
内閣総理大臣  安倍 晋三

出典:首相官邸 内閣総理大臣談話



posted by はなまる at 16:16 | 安倍内閣
反対しているのは中韓だけ!
反対しているのは中韓だけ!
集団的自衛権「世界の常識」が理解できない
左派マスコミにはウンザリだ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44375

集団的自衛権は戦争のをリスクを減らします。
実際日本を守ってきたのは自衛隊と日米安保ですが
日米安保も集団的自衛権ですよ。

スイスは永世中立国ですから集団的自衛権を持たず
個別的自衛権だけなので国民皆兵です。
オーストリアも同じく徴兵制です。

同盟国と集団的自衛権を結んでいる米国や欧州は
徴兵制を廃止しています。

安保法案で徴兵制になる ! なんて真っ赤な嘘ですよ。
米国も欧州も安保法案に賛成しています。
反対しているのは中韓のみ。

安保法案に反対する人々、日本の野党、マスコミは中韓の味方。
日本が中韓の餌食になることを望んでいます。

posted by はなまる at 18:28 | 安倍内閣
安倍総理の私的諮問機関「21世紀構想懇談会」
安倍総理の私的諮問機関「21世紀構想懇談会」の報告書ですが
満州事変以後の日本の行動を「侵略」と明記し、無謀な戦争で
多くの被害を与えたと指摘する
内容でした。
また完全な和解は無理だとしても、日本と米国、豪州、欧州は
戦後70年をかけて国民レベルでも支持される和解を達成したと評価できる。日本との関係で一つ目の道を選択し、和解の道を歩まなかった国々との違いはどこにあるのか。その解は、加害者、被害者双方が忍耐を持って未来志向の関係を築こうと努力することにある・・・


長い報告書には同意できる点と出来ない点があります。
ただ和解には加害者、被害者双方が忍耐を持って未来志向の関係を築こうと
努力することにあるという点は全く賛成です。私たちは努力しましたよね。
中国や韓国に対してはその努力は無駄でしたが。

報告書で日本の侵略戦争といいますがあの当時、アジアはほとんど欧州の
植民地だったし、米国は一方的に中国の味方で、日本にハルノートという
非常にキビシイ一方的な制裁を課し日本を戦争に追い込みました。

ここで疑問なのはなぜ米国が中国に味方し日本を敵視したかですね。
今でも米国は中国に対し、甘いでしょ。韓国に対しても慰安婦などで
味方しましたよね。米国は力はあるがオツムはどうでしょうか。

弱気を助け強気をくじくというヒーロー気質をくすぐられると
外交を誤る危険性があるんじゃないですか。
最も、米国人も冷静な人は多い。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】平和はいかに失われたか [ ジョン・ヴァン・アントワープ...

北岡伸一監訳ですが、北岡伸一氏といえば有識者会議の座長代理ですね。
すでに談話は出来ているでしょうが、和解と未来に向けた
談話だといいですね。マスコミ、中国、韓国、野党、そして与党公明党も
談話の中にお詫びを入れろと要求していますが、さてどうなりますか。



posted by はなまる at 17:03 | 安倍内閣
今日の国会
国会の議論をみると野党は相変わらず、憲法違反だとか、核兵器関連の事とか
安保法案にけちつけまくっていますが、中国の脅威、北朝鮮の核問題は
全く議論に取り上げません。安全保障を議論するならなにより、
日本を取り巻く現状とそれにどう対応するかを議論すべきです。
肝心な事を議論せず安保法案にケチを付ける政治家は中国・韓国・北朝鮮を
利しているのです。


安保法案が憲法違反かどうかは最高裁判所が決める事。
国会議員や憲法学者が憲法違反などと決め付ける事はできません。

民主党が核兵器の運搬ができるかという事を問題にしてましたが
別に今の法律だって核兵器の運搬を禁止しているわけではないでしょ。
日本の周りには核武装国・中国、核兵器開発している北朝鮮があります。
核の脅しに対抗するためには核を持つしかない。
今は米国の核の傘で対抗していますが、日本も核武装を考える時が
来るかもしれない。私個人としてはとても嫌ですが。

日本の安保法案には、東南アジア、米国、ヨーロッパの多くの国が
賛成しています。反対しているのは中国と韓国のみ。
日本の野党のほとんどは中国と韓国と北朝鮮のために働いています。
維新もすっかり馬脚を現しました。

次世代の党と新党改革は違いますけどね。
posted by はなまる at 12:18 | 安倍内閣
礒崎首相補佐官の失言
礒崎首相補佐官は参院平和安全法制特別委員会の
参考人質疑で自分の発言を撤回謝罪しました。
だったら最初から不用意な発言するなつーの。

その発言の内容は、緊急の場合、法的安定性は関係ない
国の安全に役立つかどうかを気にするべき・・・って、
まあ当たり前の話ですけどね。

でも政府が、法的安定性は問題ないとして安保法案を審議中に
首相補佐官が不用意にこんな事を言うべきじゃないです。
マスコミがうの目鷹の目で、自民党や内閣が関係者が失言するのを
狙って一部分だけを取り上げて、問題発言にしちゃうのはいつもの事。
なのにこういう事を言っちゃうんだから。

とはいえ本人が謝罪撤回したのにシツコク問題にする野党も
安全保障についてマトモな議論をする気がない。
国民は見てますよ。

ところで自民党の武藤貴也議員、安保反対学生をツイッターで
非難した事がマスコミに取り上げられました。
だったら「ふざけんなよ。てめーの体のすべての穴に五寸釘ぶち込むぞ」
という女性の反論書き込みも報道すればいいのにね。
いくらマスコミが隠してもネットですぐ広まるのに。
マスコミはもう国民を騙せないと思います。

posted by はなまる at 21:44 | 安倍内閣